読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めそブ

凡人の凡庸で月並みなブログ

untitle

日常
「闇の守り人」と
の二冊を図書館で借りた。
というメモ。

untitle

どうもブログにタイトルを入れるのが苦手だ。だから無題を意味する「untitle」と入れてしまう。

後から見た時、タイトルがあると小っ恥ずかしくなるのだ。

内容を整理したり、後から探したりするのには、タイトルがあった方が分かりやすいなだろうけど、どうも嫌なんだよなあ。

untitle

ていうか。
はてなブログに登録してから、もう6年も経つのか。
びっくり。
未だメインで使える気がしない。
しかし早いなあ。

untitle

雑記
久しぶりに様子見。
アプリの感じちょっと変わったかな?
mixi退会するかも知れないので、引っ越し先の候補に覗いてみた。
まだバグが多発するようなら、止めとくけど。
さてはて。

untitle

雑記
最近「ゲーム・オブ・スローン」という海外ドラマを見始めた。既にだいぶ前から話題になっていたドラマだけど、中世の戦乱ものとか興味がないので、今までそれほど食指が動かなかった。
「中世の戦乱」ものといっても現実のそれではなく、厳密には「中世ヨーロッパ風」の世界観で描かれた異世界ファンタジーだ。

異世界ファンタジーではあるが、これもよく日本のラノベやアニメにあるようなヒロイック・ファンタジーではなく、あるいは「指輪物語」や「ナルニア国物語」のような純空想的なファンタジーでもなく、露骨なセックス&バイオレンス描写のある大人向けのハイ・ファンタジー。
日本では、ハードな性描写もしくは残酷描写のある中世風ファンタジーは、それこそ人気コミックの「ベルセルク」や「進撃の巨人」など、それほど珍しい印象はないが、海外ものではあまり目にしたことがない。もちろん自分が目にしたことがないだけで、たくさんあるのかも知れないけど、少なくとも自分は知らない。

それにそうした過激描写があるものは、大抵、漫画・アニメも含めて、ファンタジーというより寧ろヒーロー活劇で、海外映画でも過去に「ハイランダー」や「ベオウルフ」、「レディホーク」「コナンザ・グレート」等のシリーズもあったが、GOSはそれらとも異なる。

印象としては、史実のリアルな血生臭い中世戦記を、そのまま異世界に持ち込んで描いた感じ。ファンタジー要素もあるけど、ごく控えめ。騎士や剣士は登場するが、さほど英雄的ではなく、無敵でもなく、王位という権威を巡って陰謀策謀が渦巻き展開するダークな戦乱群像劇だ。
実写では、有りそうでなかったファンタジー劇だよね。

とはいえ、まだ見始めたばかりなので、今後、どういう方向性へ転んで行くのか知らない。あるいは、よくある「運命の子」的なシチュエーションも出てくるのかも知れない。
まあ、ぼちぼちと。

f:id:ZipBox:20160429152122j:image

untitle

日常
何らかの虫。
たぶんモンカゲロウ?
f:id:ZipBox:20160429134949j:image
それはともあれ、歯が疼く。
虫歯か知覚過敏か分からないけど。
とにかく疼く。
歯医者の予約は来週だ。


untitle

日常
奥歯の間に挟まった食べカスを取ったら、血がドバッと溢れ出た。
何だろうか? 
ちょっと怖いな。
その後、念の為、歯を磨いたのだが、歯ブラシ周辺の何処かに当たったら、虫歯を刺激したようなツーンと痛みがあった。
虫歯だろうか?
それとも出血が原因?
後で歯医者へ行くべきかな。
やれやれ。